03.31
Fri
2016-17s 2017. 03.31.Fri.09:12
90点越えないと一桁順位に入れないという、すさまじい時代に入った男子フィギュア・ショートプログラム。

2017WC-menSPresult.jpg
http://www.isuresults.com/results/season1617/wc2017/SEG001.HTM

ファイナルと今大会のプロトコルから、羽生さんのところだけ抜粋。

2016Final-menSP.jpg
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpf1617/gpf1617_Men_SP_Scores.pdf

2016WC-menSP.jpg
http://www.isuresults.com/results/season1617/wc2017/wc2017_Men_SP_Scores.pdf

こうやって並べて見ると、今回、サルコウコンボ以外は決して悪くないどころか、そのミスとレイトスタートの減点がなければ、十分パーソナルベスト更新も可能な内容でした。でも、難易度を上げたすべてのジャンプも含めてのトータルパッケージを目指している現在の羽生さんにとっては、たぶん今は周囲のどんなフォローの言葉も素直に喜べるものではないかもしれませんね。

私たちが知ることができるのは報道で流れているごく一部の写真やニュース、細切れの映像だけなので、それで判断するのは無理があると承知してますが、現地入りからしばらくは表情も穏やかだったけれど、本番が近づくにつれ、笑顔が減っているようにも見受けられました。ただ、それは本番に向けて必要な緊張感の高まりのためで当然でしょうし、四大陸のときとは違って、決して悪い印象はなかったのですが・・・。あえて言うなら、集中しすぎ?特にサルコウコンボは今季はじめて入れたこともあって意識しすぎ?なのでしょうか。

試合展開としては、4年前と3年前、ソチ五輪前後のワールドを思い出しますが、2013ロンドンワールドは、体調の問題と経験の差もあり少し状況が違うかもしれません。2014さいたまワールドは、五輪王者のプレッシャーだけでなく、そこに至るまでショート「パリ散」でノーミスを続けていたことによる自分への精神的重圧も決して少なくなかったでしょう。けれど、五輪の疲れも残る中で、フリーではその意識をきっちり調整してきました。

今はあの頃よりも技術が向上していて、それは彼だけでなく周囲も同じで。
勝利を掴むには、おそらく注意すべき点も増えていて、同じようにはいかないのでしょう。
でも、現状のハイレベルな男子シングルの突破口を開いたのは、間違いなく羽生さん本人なんです。
体調さえ問題ないのなら、あとは意識だけ。自分を信じて。練習を信じて。

そして、私たちも大丈夫と信じるだけ。
応援しています。





今回のクレイジー、オーディエンスとめっちゃ「コネクト」してたよね!
足換えシットスピンのあと、ジャッジ対面客席に向かって「聞こえないよ~」のアドリブ?

2017WC-SP2.jpg

どんな表情してたのか、観たかったーーー(笑)。






comment comment 3
03.26
Sun
2017年 2017. 03.26.Sun.13:21
東京西川
西川ダウン キャンペーン~(3/1から4/30まで)


----------

P&G ジャパン
~平昌2018冬季オリンピック観戦チケットプレゼントキャンペーン~(5/1より)

PG20170316.jpg

【関連記事】
平昌2018冬季オリンピック応援キャンペーンに 男子フィギュアスケート・羽生結弦選手を起用!(共同通信/03.17)→リリース全文(PDF)

【羽生結弦選手のコメント】
 ソチ2014冬季オリンピックに引き続き、日本中の頑張っているお母さんを応援する「ママの公式スポンサー」キャンペーンのアンバサダーに起用していただき、非常に光栄に思います。僕が今あるのは支えてくれている母をはじめとする家族のおかげです。初の男子フィギュア2連覇を目指して平昌2018冬季オリンピックで結果を残すことはもちろんですが、このキャンペーンを通じて、たくさんの人に家族のつながりの大切さ、感謝の気持ちに改めて気づいてもらえたらうれしいです。


【公式サイト】
P&Gジャパン / マイレピ
※応募方法などの詳細は、「マイレピ」内特設ページにて、5月上旬に公開予定

----------

放送予定

アスリートの魂「男子フィギュア・羽生結弦選手」

[初 回] 3月11日(土)00:00-00:45(金曜深夜)<NHK BS1
[再放送] 3月20日(月)00:10-00:55<NHK総合> / 3月25日(土)16:00-16:45<NHK BS1←変更

男子フィギュアスケート界で今、10代の選手たちが次々と最高難度の4回転ジャンプを成功させている。羽生結弦選手が昨季マークした世界最高得点を目指し、5種類の4回転ジャンプを習得しようとしているのだ。こうした中で“絶対王者”羽生選手は世界最高得点をたたき出した演技をさらに進化させようとしている。飽くなき向上心で誰も追随できない高みへと自らを追い込む羽生選手。五輪連覇へ向け大切なプレシーズンの挑戦を追う。



フィギュアスケートTV <BSフジ>
[第27回] 3月11日(土) 23:00-23:55

「ここがスゴイよ 世界選手権スペシャル」
ゲストコメンテーター小塚崇彦さん / 四大陸選手権ハイライト / 羽生結弦選手ロングインタビュー



----------

YUZU DAYS
P&G presents ~ 羽生結弦選手の月間連載インタビュー(マイレピ会員登録無料)
new!
羽生選手が語る進化の理由「更なる高みに向かって」(03.06)

【以前の記事】
羽生選手が語る進化の理由 「目指す強さについて」(02.06)
マイレピ福袋2017 ~ ご購入の方から20名に羽生選手サイン入り生写真プレゼント他(2017.01.04-02.28)
◆[会員限定ムービー]羽生選手のボールド ジェルボール「まっしろ!」体験(01.10)
◆[会員限定ムービー]羽生選手のレノア本格消臭スポーツ特別インタビュー(12.05)
◆あなたのお願いに羽生選手が応える!YUZUへリクエスト!前編(10.--)/ 後編(11.18)
◆[会員限定ムービー]羽生選手のジョイ「するん!」体験ムービー(11.11)
羽生選手を応援!皆さんのメッセージを届けてきました(11.01)

----------

四大陸選手権関連  ※追加情報

Sneak peak of the 2018 Olympic Figure Skating Arena(CBC Sports)
※フィギュア会場外観および内部の動画


ISU四大陸フィギュア選手権 出場選手インタビュー(J Sports)





comment comment 0
back-to-top