05.29
Mon
2017-18s 2017. 05.29.Mon.01:24
FaOI幕張は昨年現地で、それ以外はずっとお茶の間な私。今年も行きたかったよ・・・。(くすん)

羽生くん。なんていうか、スターっぷりが格段に上がりましたね。
2年前のショーでは観客煽りにもまだ少し照れが混ざってた気もしましたが、Crazyプリンスで天井ひとつふたつ突き抜けたんでしょうか。コネクト、ご本人もしっかり楽しんでる感じで、勝手に近所のおばちゃんモードで遠くから応援している いちファンとしては、安心度アップ。よきかなよきかな。
Choo Choo TRAIN激しい。羽生くんって関節の可動域ほんと広いよね。しかし、彼の投げキッスはレーザー光線かなにか攻撃的なものを発してるようですわw(´∀`*)

で。

バラ1、ふたたび。いえ、みたび。

正直、驚きました。ものすごく。

初日にリアルタイムでツイッター情報を追っていたので、朝日の(後)さんのこのツイートで知ったんですが、最初は何かの間違いじゃないかと思いました。でも、その後、城田さんのコメントつきの記事が出て、そこでやっと、「あ、ほんとなんだ」と。

ソチ五輪の後、私は羽生選手にピアノ曲をぜひやって欲しいと思っていました。そして、激動の2014-15シーズン、バラ1第一期にこのプログラムの曲を聴いたとき、彼が演じるのにすばらしく合った編曲だと、ジェフと編曲者の方に心から尊敬と感謝の念を抱いた大好きな曲です。その後、様々な困難はあったし、そのシーズン中にノーミスはできなかったかもしれないけれど、期待を超えたすばらしいプログラムになりました。だから、このときは、平昌五輪シーズンにも使ってくれたらと思いつつ、翌シーズンに持ち越した時点で、それはなくなったと思っていたんですね。

2年目でさらに進化したバラ1も、いまだに何度も見返しているし、ツイッターのヘッダーをこっそりバラ1仕様にしていたほどなので、五輪でこのプログラムを観られるのは嬉しい反面、3シーズン目ともなると、ある意味、手堅いどころか難しい選択をしたなぁと感じています。戦略的にはおそらくフリーとの兼ね合いなんでしょう。

男子シングルは、試合を有利に運ぶにはショートで高難度&ノーミスが求められる状況ですから、演じやすいジャンルで良いイメージと自信を持って、完全に身体に染み渡った旋律に身を任せて表現できるというのは利点だろうと思います。
一方で、エレメンツ配置やジャンプの種類等の構成は一新するにしろ、音に慣れすぎたことによる「飽き」が生じてこないとも限らない。これはジャッジや観客が、というより、演者の意識の方が影響は大きいかもしれません。人間、あることに「慣れ」た時期に、何らかの環境変化を受けた瞬間、思考の空白に気づいて予期しない混乱を生むことはわりとよくあるからです。それも超越して自然に身体が動く域に達してしまえば良い話ではあるのですが。舞台などで何年も同じ演目を演じて円熟味を増していくということもあるので。

とはいえ、毎回、一期一会に「演じる」だけでは済まないのが順位がつく競技スポーツの世界。どこにピークを置くか、焦点を絞るかということが重要になってくる中で、歴代最高得点を得たプログラムという記録と記憶は必ずつきまとう。過去の自分からのプレッシャーを完全に捨て去るのは無理でしょう。その点で意識をどうコントロールしていくかは難しそうです。

でも、おそらくこんなことも、そして周囲からの賛否両論も想定内でしょう。「パリ散」継続のときも同じようなことを言われていたんでしょうね。それでも蓋を開けてみたら、良い結果を残したわけだし、今回も自らに課した「自分越え」。この選択も深慮の上でのことだと思うので、今後、明らかになるであろうフリーに何が来るのかも含めて、楽しみに待ちたいと思います。

放送は二日目の演技だったようですが、最終日には4Loも決まってノーミスだったとか。
見たところ、エレメンツ全体の配置としては第一期に近いでしょうか。前半のスピンは入るタイミングも種類も違うし、カウンター3Aで拾う音も少し変えていたりと、細かいところはだいぶ違うけれど。狭いリンクに合わせた可能性もあり?。
3Lz-3Tだったところの最後のジャンプコンビネーション、音楽の昂りとともに入っていくあのタイミングは、ドキドキするけどすごく好きだったので、上海ワールドで決まったとき歓喜したものです。ここがクワドで決まるとかなり盛り上がりますね。4Sコンボの可能性もあり?いやあの位置でそれはキツイか。いずれにせよ、最後にコンボはやっぱり心臓に悪いですね(^ ^;)。
ステップは音に合わせることとレベル獲りの両立が大変そうでしたが、ルール改訂も考慮して変更してきそう。つなぎや細かい振り付けも狭いショー向けリンクと競技用とでは違ってくるでしょうから、演技の全体像や空気感はまだこれから。早く広いリンクで観たいですね。

あ、そうそう。衣装。このままってことはないですよね?
第一期の方が好きでしたけど、この際、ガラっと変えてくれてもいいなー。
ってかできれば早めに変えて欲しいなー。
パっと見、どのシーズンかわからなくなるからー(←早く見たいだけ ^ ^;)


~ ショー後のインタビューより抜粋 ~

「まずみなさんの前でこうやって滑れて、たくさんいい経験をさせていただいてるなというふうに思うのと、やはりこのプログラム自体、振付はぜんぜん違いますけれども、すごく感情を込めて、そして自分が呼吸するかのように曲を感じることができるので、非常に表現しながら滑れているかなと思います。」

- (バラ1について)思い出深い、特別なプログラムだと思うが
「もちろん特別感はありますけれど、それよりもまず今挑戦していること、構成をとりあえず上げてみて、自分の中ではショートプログラムの後半に、しかも最後の最後に4T-3Tのコンビネーションを入れるというのは今シーズンあらたな攻めだと思いますし、かなり自分の中でも気合いを入れてやっているので、そういった意味ではほんとにまったく違った感覚で新たに攻める気持ちでできていると思います。」

- 自分越えという新しい戦い。楽しみは?
「もちろん楽しみです。ただ、やはりこのプログラムにするからにはもっともっとしっかり仕上げていきたいなというふうに思っていますし、またみなさんの前でいい演技ができるように、しっかりこれからも頑張っていきます。」




昨年の今ごろ、動くこともままならなかったあの2か月はやはりとても辛かったようですね。
あのときの心配を考えたら、今年は幸せです。
元気がなにより。







comment comment 1
05.17
Wed
2017年 2017. 05.17.Wed.06:41
JohnWilsonBlades Twitter ~


----------

LOTTE キシリトールガム発売20周年記念
「COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-」プロジェクト

特設WEBサイト ※壁紙ダウンロードはスマホのみ対応
関連記事(PR TIMES/05.16)

※新聞折り込みチラシは、5/17(水)読売朝刊です。


----------

一般記事

羽生に全日本選手権“特例”シード権 満場一致で決定「実績申し分ない」(SponichiAnnex/05.15)
羽生結弦に特例で全日本選手権出場権 スケート連盟の判断が「英断」である理由(livedoor NEWS/05.15)

----------

Fantasy on Ice 2017

◆放送予定:BS朝日
公式WEB ~ 羽生結弦選手の出演が決定しました(幕張・神戸・新潟)


----------

Aflo NewsFinder ~ 世界王者・羽生結弦の肖像2016-17

オータムクラシック編
GPシリーズ・スケートカナダ編
GPシリーズ・NHK杯編
グランプリファイナル編
四大陸選手権編
世界フィギュア編
世界国別対抗戦編
※Aflo本サイトの「羽生結弦」選手まとめページはこちら



----------

icenetwork ~ ツイッターアンケートより

Best Men's Free Skate of the 2016-17 SeasonHanyu's 2017 Worlds FS


Best Men's Short Program of the 2016-17 SeasonHanyu's 2016 Grand Prix Final SP


----------

YUZU DAYS
P&G presents ~ 羽生結弦選手の月間連載インタビュー(マイレピ会員登録無料)
new!
P&G製品特別インタビュー「僕にとっての“自分の香り”は柔軟剤の香りです」(05.01)

【以前の記事】 YUZU DAYS トップページ
P&G製品特別インタビュー「心地よい空間は、ファブリーズのおかげです」(04.03)ほか

----------

平昌五輪向けJOC研修会Tweets





【その他関連記事】
羽生結弦「尊敬しています」日本ハム大谷から刺激(日刊スポーツ/04.28)
羽生 弓道やりたい!?他種目への挑戦問われ「名前に弓という字が入っているので」(Dailysports/04.29)
平昌五輪の合同合宿が終了 羽生結弦は「翔」の1字(日刊スポーツ/04.30)



◆村元哉中さんのInstagram ~








comment comment 0
05.05
Fri
年間総合まとめ 2017. 05.05.Fri.11:32

・羽生選手が出場した大会のみ順位・得点を記載。
・「競技会名」は公式リザルトへ、【☆】は演技集(※限定記事)にリンク。
・イベント期間は練習日を含めるかどうかや時差等の問題で、若干ずれている場合があります。正確には公式サイトをご確認ください。


日付 競技会名称 (開催場所) 【☆】総合順位・得点(SP順位・得点 / FS順位・得点)

【2016/2017シーズン】 Let's Go Crazy / Hope & Legacy(View of Silence , Asian Dream Song)
2017.04.20-04.23 国別対抗戦(代々木)【☆】団体1位(個人7位 83.51 / 1位 200.49)
2017.03.29-04.02 世界選手権(ヘルシンキ) 【☆】1位 321.59(5位 98.39 / 1位 223.20)
2017.02.15-02.19 四大陸選手権(韓国・江陵)【☆】2位 303.71(3位 97.04 / 1位 206.67)
2016.12.08-12.11 グランプリファイナル(マルセイユ)【☆】1位 293.90(1位 106.53 / 3位 187.37)
2016.11.25-11.27 GPS NHK杯(札幌)【☆】1位 301.47(1位 103.89 / 1位 197.58)
2016.10.28-10.30 GPS スケートカナダ(ミシサガ) 【☆】2位 263.06(4位 79.65 / 1位 183.41)
2016.09.28-10.01 オータムクラシック国際(モントリオール)【☆】1位 260.57(1位 88.30 / 1位 172.27)


【2015/2016シーズン】 バラード第1番 / SEIMEI(映画『陰陽師』サウンドトラックより)
2016.03.28-04.03 世界選手権(ボストン)【☆】2位 295.17(1位 110.56 / 2位 184.61)
2015.12.25-12.28 第84回全日本選手権(札幌)【☆】1位 286.36(1位 102.63 / 1位 183.73)
2015.12.10-12.13 グランプリファイナル(バルセロナ)【☆】1位 330.43(1位 110.95 / 1位 219.48)
2015.11.27-11.29 GPS NHK杯(長野)【☆】1位 322.40(1位 106.33 / 1位 216.07)
2015.10.29-11.01 GPS スケートカナダ(レスブリッジ)【☆】2位 259.54(6位 73.25 / 2位 186.29)
2015.10.13-10.15 オータムクラシック国際(バリー)【☆】1位 277.19(1位 93.14 / 1位 184.05)


【2014/2015シーズン】 バラード第1番 / オペラ座の怪人
2015.04.16-04.19 国別対抗戦(代々木)【☆】団体3位(個人1位 96.27 / 1位 192.31)
2015.03.23-03.29 世界選手権(上海)【☆】2位 271.08(1位 95.20 / 3位 175.88)
2014.12.25-12.28 第83回全日本選手権(長野)【☆】1位 286.86(1位 94.36 / 1位 192.50)
2014.12.11-12.14 グランプリファイナル(バルセロナ)【☆】1位 288.16(1位 94.08 / 1位 194.08)
2014.11.28-11.30 GPS NHK杯(大阪)【☆】4位 229.80(5位 78.01 / 3位 151.79)
2014.11.07-11.09 GPS 中国杯(上海)【☆】2位 237.55(2位 82.95 / 2位 154.60)


【2013/2014 シーズン】 パリの散歩道 / ロミオ&ジュリエット(ニーノ・ロータ版)
2014.03.24-03.30 世界選手権(さいたま)【☆】1位 282.59(3位 91.24 / 1位 191.35)
2014.02.06-02.22 ソチオリンピック(ソチ)【☆】1位 280.09(1位 101.45 / 1位 178.64)
2014.02.06-02.22 ソチオリンピック 団体戦(ソチ)【☆】1位 97.98(団体総合5位)
2013.12.20-12.23 第82回全日本選手権(さいたま)【☆】1位 297.80(1位 103.10 / 1位 194.70)
2013.12.05-12.08 グランプリファイナル(福岡)【☆】1位 293.25(1位 99.84 / 1位 193.41)
2013.11.15-11.17 GPS エリックボンパール杯(パリ)【☆】2位 263.59(2位 95.37 / 2位 168.22)
2013.10.25-10.27 GPS スケートカナダ(セントジョン)【☆】2位 234.80(3位 80.40 / 2位 154.40)
2013.10.04-10.06 フィンランディア杯(エスポー)【☆】1位 265.59(1位 84.66 / 1位 180.93)


【2012/2013 シーズン】 パリの散歩道 / ノートルダム・ド・パリ
2013.03.10-03.17 世界選手権(加・ロンドン) 【☆】4位 244.99(9位 75.94 / 3位 169.05)
2013.02.06-02.11 四大陸選手権(大阪)【☆】2位 246.38(1位 87.65 / 3位 158.73)
2012.12.20-12.24 第81回全日本選手権(札幌) 【☆】 1位 285.23(1位 97.68 / 2位 187.55)
2012.12.06-12.09 グランプリファイナル(ソチ) 【☆】2位 264.29 (3位 87.17 / 2位 177.12)
2012.11.23-11.25 GPS NHK杯(利府) 【☆】1位 261.03 (1位 95.32 / 1位 165.71)
2012.10.19-10.21 GPS スケートアメリカ(ケント)【☆】2位 243.74(1位 95.07 / 3位 148.67)
2012.10.04-10.07 フィンランディア杯(エスポー)【☆】1位 248.13(2位 75.57 / 1位 172.56)


【2011/2012 シーズン】 悲愴 / ロミオ&ジュリエット(アームストロング版)
2012.03.26-04.01 世界選手権(ニース) 【☆】3位 251.06(7位 77.07 / 2位 173.99)
2011.12.22-12.25 第80回全日本選手権(門真)【☆】3位 241.91(4位 74.32 / 1位 167.59)
2011.12.08-12.11 グランプリファイナル(ケベック・シティー) 【☆】4位 245.82(4位 79.33 / 3位 166.49)
2011.11.25-11.27 GPS ロステレコム杯(モスクワ)【☆】 1位 241.66(2位 82.78 / 2位 158.88)
2011.11.04-11.06 GPS 中国杯(上海)【☆】 4位 226.53(2位 81.37 / 4位 145.16)
2011.09.21-09.24 ネーベルホルン杯(オーベルストドルフ)【☆】1位 226.26 (1位 75.26 / 1位 151.00)


【2010/2011 シーズン】 ホワイト・レジェンド / ツィゴイネルワイゼン
2011.04.24-05.01 世界選手権(モスクワ) ※震災の影響により東京の代替開催
2011.02.15-02.20 四大陸選手権(台北)【☆】2位 228.01(3位 76.43 / 3位 151.58)
2010.12.24-12.27 第79回全日本選手権(長野)【☆】4位 220.06(2位 78.94 / 4位 141.12)
2010.12.08-12.12 グランプリファイナル(北京)
2010.11.19-11.21 GPS ロステレコム杯(モスクワ) 7位 202.66(6位 70.24 / 6位 132.42)
2010.10.22-10.24 GPS NHK杯(名古屋) 4位 207.72(5位 69.31 / 4位 138.41)



ジュニア以前の演技、演技集はこちら→【☆】
※事情により限定記事とさせていただいております。ご了承ください。





tagtag : 羽生結弦
back-to-top