12.01
Tue
競技会2015-16 2015. 12.01.Tue.12:49
GPS NHK杯 2015
NHK Trophy ISU Grand Prix of Figure Skating 2015/2016
2015.11.27–29  長野ビッグハット

【結果】 Entries / Results
◆男子: Result / SP-Judges Scores / FS-Judges Scores
◆女子: Result / SP-Judges Scores / FS-Judges Scores
◆ペア: Result / SP-Judges Scores / FS-Judges Scores
◆ダンス: Result / SD-Judges Scores / FD-Judges Scores

【関連リンク】
公式 / ISU / JSF / 番組公式(NHK online) / 公式動画サイト【Y】 / 公式動画集(NHK杯フィギュア番組公式)
ifigureskating.com ~ 観戦情報まとめ

Schedule】滑走順・予定時刻:ペアSP / 男子SP / 女子SP / ダンスSP
11.27(金) 14:20- ペアSP / 16:10- 男子SP / 18:15- OP / 19:05- 女子SP
11.28(土) 12:30- ダンスSD / 14:20- ペアFS&表彰式 / 16:30- 男子FS&表彰式 / 19:35- 女子FS&表彰式
11.29(日) 12:00- ダンスFD&表彰式 / 15:00- エキシビション

【放送予定】 NHK総合&BS1の放送タイムテーブル
<総合>12月5日(土) 15:05-16:40 総集編


【関連NEWS】※ニュースは「続きを読む」から(時系列)。

<全体・画像・動画>

◆2015NHK杯フィギュア番組公式 ~ 滑走順/競技結果 に各選手の構成・演技動画あり
公式動画集(NHK杯フィギュア番組公式)
日本スケート連盟 2015NHK杯写真集

◆Sportivaコラムフォト:記者会見 / 前日練習 羽生 / 前日練習 浅田 / 当日練習 羽生 / エキシビション
◆Sportsnavi
・実況・総括:男子SP / 女子SP / ダンスSD / 男子FS / 女子FS
・フォトギャラリー:初日(男女SP) / 第2日(男女・ペアFS、ダンスSD)
◆Ice Network Photo Galleries: Pairs short / Pairs free / Men's short / Men's free / Ladies short / Ladies free / Short dance / Free dance
◆毎日新聞 写真特集
◆朝日新聞 写真特集
◆absoluteskating: Day1 / Day2
◆時事ドットコム 写真特集:羽生結弦 / 浅田真央
◆newscom ~ 「hanyu」で検索
◆aflo ~ フィギュアスケート伝説・事件史「2015年 GPシリーズNHK杯羽 生結弦、史上初300点超えの圧巻演技」

◆[動画]"DOMO AND ALL THE FRIENDS" - NHK Trophy 2015 (ShibSibs公式Youtube)


各日のニュース(時系列)は・・・

<試合前>

◆イベントインフォメーション:パブリックビューイング
ネット同時配信実験
◆jasonbskatesさんのInstagram ~ ジェイソン・ブラウン選手欠場に関する本人メッセージ
NHK杯でファイナル切符獲る!真央4位、羽生3位以内で当確(SponichiAnnex/11.25)
羽生、「驚異のジャンプ」と対決へ 4回転新時代に突入(asahi.com/11.25)
浅田、羽生が会場で練習 フィギュアNHK杯27日開幕(日本経済新聞/11.25)

羽生、SPで4回転2本の最高難度に挑む(産経ニュース/11.26)
羽生らが公式練習で調整(産経ニュース/11.26)
真央、課題の3回転ルッツ修正に努める NHK杯公式練習(SANSPO.COM/11.26)
NHK杯へ 羽生や浅田が調整(動画つき/NHK NEWS WEB/11.26)
羽生、SP新構成に「手応え」真央は3回転半が好調(スポーツ報知/11.26)
羽生結弦「まだ挑戦できる」会見で新SPの理由語る(nikkansports/11.26)
記者会見を終え、笑顔でポーズを取る羽生結弦(左)と浅田真央(jiji.com/11.26)
真央、3回転半好調 羽生はSPで4回転2種類(練習・会見写真多数/SANSPO.COM/11.26)
NHK杯あす開幕 羽生 浅田が抱負(NHK NEWS WEB/11.26)

この日のショートプログラムの練習で、4回転ジャンプを2回跳ぶ高難度の演技構成を披露した羽生選手は、「カナダ大会のエキシビションの練習の際に4回転を2回入れてみて感覚がよかった。これまで取り入れていた後半に4回転を跳ぶ構成にも、いつかは4回転を2回跳ぶという意味が込められていた。もっと挑戦したいという気持ちが強かった。手応えがすごくあるのでその成果を出しきりたい。結果は大事だが、それ以上によかった点と悪かった点を見つけられる大会にしたい」



警備は厳戒態勢 真央&羽生同大会で注目度高く(SponichiAnnex/11.27)
羽生 日本男子初 SPで4回転2度に挑戦!「手応えも凄くある」(SponichiAnnex/11.27)
羽生 ジャンプ持ち味金と対決も平然「僕は僕なんで」 (SponichiAnnex/11.27)
浅田・羽生、ファイナル出場なるか きょうからNHK杯(写真多数/asahi.com/11.27)
羽生、新プログラム「一生懸命練習してきたので、手応えはある」

―4回転2回の新プログラムについて。
「さらに難しい構成になるけど、もっと挑戦していきたいという気持ち。かなり一生懸命練習してきたので、手応えはある。結果ももちろん大切だけど、練習してきたことをどれだけ出し切れるか」
―決断はいつ。
「スケートカナダのエキシビションでイーグルからのサルコーや、イーグルからの4回転トウループとかを試してみて、感覚も良かった。トロントへ戻ってから、すぐに練習を始めた。SPは2年目のシーズンなので、自信をもってやっていけるかな」
―オーサー・コーチの反応は。
「最初に言った時は、びっくりしていた。もう2回?って驚かれた」


木原、難病乗り越え 今夜、シニアGP初参戦(毎日新聞/11.27)
羽生、貫録の当日公式練習(Dailysports/11.27)
◆ANA公式Twitter ~ 羽生選手からのご挨拶


<第1日目>

男子SPトップ3会見 ~ 羽生、構成変更は「圧倒的に強くなるため」(Sportsnavi/11.27)

――羽生選手と無良選手に。今大会12名中、4回転を2回跳ぶ選手が増えました。このままこのスポーツはそういう方向に行くのか、その中で犠牲にするものがあると思いますか?

[羽生]4回転をSPに2回入れるということに関して言えば、できる選手もいれば、できない選手もいる。それは選手それぞれの個性ですし、それが絶対必要かと言われれば、絶対ではないと思います。今のルールだと2回入れるのが精いっぱいじゃないですか。アクセル飛ぶ人がいるかどうか分からないですけども、今のルールの中では現実的に4回転を2回入れるという内容が最高のものであって、それプラス、ステップ・スピンがあって、つなぎの部分であったり、表現の部分であったり、そういうものがあるんですけども、逆に、3回転を組み込んで、無良選手のように4回転1回で、3回転+3回転があったり、4回転+3回転があったり、トリプルアクセルを跳ぶ。これで勝てないかと言われたらそうでもないと思うんですよね。事実、僕は4回転1回の構成で、もちろん後半にアクセルとルッツを入れていましたが、表現・スピン・ステップで加点を取って、100点を超えることができました。そう考えると絶対に4回転が2回必要かと言われたら、必要ではないと思います。

 4回転を2回によって失うものに関しては何もないと思います。それも選手それぞれの個性だと思いますし、言ってみれば、4回転を2回跳んで、トリプルを、4回転を跳ばない選手のように表現して、奇麗にジャンプを跳んで、ステップもスピンも全部加点をもらえるようなプログラムをやれば、誰も勝てないわけなので、僕たちはそれを目指すしかないと思います。だから、失うものは何もない。

[無良]98年の話が出たと思うのですが(※ブログ主注:この話の前に1998年長野五輪に関する質問あり)、あの当時から02年のソルトレイクシティ五輪の世代というのは4回転を2種類跳ぶのが当たり前の時代であったことは確かですし、ただ、その当時はスピンのレベルだったり、ステップだったり、トランジションの部分に関して、明確に点数が無かったというのが前提ですが。もちろん、先ほどユヅ(羽生)が言ったように、それぞれの個性、金博洋選手のように、4回転を数種類跳べるというのも個性ですし、今回は出ていないですが、ジェイソン(・ブラウン)のように4回転があまり得意ではないけど、しっかりと加点をもらえるトリプルを跳んで表彰台を狙っている選手もいて、それもそれぞれの個性だと思います。4回転を何種類も跳んでプログラムのレベルがすごく、そのコンポーネンツが高いというのは最強ですが、やはりそれを兼ね備えるのは相当難しいと思うので、その中で自分ができる最大限のものをやるというのが試合なのかな、というのが僕の考えです。



羽生、SP世界最高得点も「もっと成長できる」(Sportsnavi/11.27)
無良、納得のトリプルアクセル 「ミスなくできた」(asahi.com/11.27)
NHK杯SP 羽生が世界最高得点(動画つき/NHK NEWS WEB/11.27)
羽生演技にコーチ「待ちわびていた。彼は野心的」(日刊スポーツ/11.27)
羽生106・33点「驚きはなかった」(Dailysports/11.27)
羽生結弦SP世界最高で首位「見てろよと」(日刊スポーツ/11.27)
羽生結弦、SPで世界最高得点 「一生懸命、練習してきたことは間違いじゃなかった」(huffingtonpost/11.27)
羽生、ぶっちぎりで世界歴代最高を更新 自身初の4回転2本も成功(産経ニュース/11.27)
羽生「スコア的には羽生復活と思われるかもしれない」(SANSPO.COM/11.27)
羽生「心から演技できた」SP首位に笑顔(毎日新聞/11.27)



◆演技後コメント:女子SP(浅田・宮原)(Sportsnavi/11.27)
羽生、SPで世界最高点 女子は宮原首位発進(asahi.com/11.27)
宮原トップ、浅田は転倒し4位 NHK杯SP(産経スポーツ/11.27)
浅田真央スピン最高点でも響いたジャンプ失敗(毎日新聞/11.27)
真央 SP出遅れも7季ぶり3―3回転「認定してもらえてうれしい」 (SponichiAnnex/11.27)
宮原、自己ベスト更新に笑顔 連続ジャンプのコツつかむ(asahi.com/11.27)
宮原知子SP首位「もっと思い切って」(Dailysports/11.27)



羽生 出た世界最高!初挑戦4回転2発完璧(SponichiAnnex/11.28)
◆岡崎真の目(SponichiAnnex/11.28)~
羽生 熟成度は不足…この日の演技ですら通過点
真央 空中での「芯」の動き不足 あとは意識の問題
世界最高得点更新。羽生結弦がNHK杯SPで感じた「久しぶりの気持ち」(Sportiva/11.28)
羽生結弦が抱く成長への果てなき渇望 世界最高得点も「これがゴールではない」(Sportsnavi/11.28)

gettyimages ~ ※「hanyu」等で検索すると他にもたくさんあります。









<第2日目>

GPファイナル出場選手決定 3連覇狙う羽生ら日本選手5人(SponichiAnnex/11.28)
NHK杯女子メダリスト会見 ~ 宮原「納得」V、3位の真央「見直す」(Sportsnavi/11.28)
宮原初V、浅田は3位 ともにファイナル進出決める(産経フォト/11.28)
宮原、GP初優勝 昨季の全日本女王、実力示す(asahi.com/11.28)
宮原、自己最高の200点超えで初優勝「実感ないけど、うれしい」(SponichiAnnex/11.28)
真央「残念」3位 GPファイナルへ「すべて見直す」(SponichiAnnex/11.28)
浅田3位 「守り」の姿勢変えられず(毎日新聞/11.28)
真央「残念」も佐藤コーチ見守る「待ってあげないと」(SponichiAnnex/11.28)



NHK杯男子メダリスト会見 ~ 圧勝Vの羽生「世界中から力もらった」 (Sportsnavi/11.28)

――羽生選手、1つずつジャンプを決めていく中で、最後にどのような感情を持ったのか?
[羽生] とにかく1つひとつ丁寧にこなしたいと思っていましたし、皆さん、すごく点数に驚かれたと思うし、自分自身もスコアについて驚いています。正直、まずは演技が良かったというか、そういう実感が湧いてないというか、うまく言葉に表せないような感情でいます。ちょっとフワフワした感じです。フリーに関してはすべてのジャンプがきれいに決まったわけではないですし、スピン・ステップすべてのエレメンツがきれいに決まったわけではないです。1つひとつ自分の気持ちを込めて、自分の今までの練習を信じて、自分の体を信じて、演技しましたし、1つひとつのジャンプが決まるたびに歓声を送ってくださる皆さんの声や皆さんの熱い視線、実際に聞こえるはずがない心の声というか、そういうものを僕たちはテレビを見ている側じゃないので感じることはできませんけど、何か日本中、世界中から力をもらっている感覚がありました。

――NHK杯では歴史上初めてショートとフリーですべての選手が4回転を取り入れた。全部で25個あって平均すると1人で2つ以上跳んでいる計算になる。将来を見据えた質問だが、次の平昌五輪に向け、いくつのジャンプ、どのような種類のジャンプが必要になると考えているか?
[羽生] (中略)
 ソルトレイクもトリノもバンクーバーも、何が間違いで何が正解かと言われれば、僕はすべてが正解だと思っています。もちろんバンクーバーのときは、いろいろな方々が4回転を跳ばなくてもいいのかと、本当にライサチェク選手が優勝でいいのかと、本当に世界のフィギュア界で議論がありましたけど、実際にそうした議論になって正解もしっかり出たわけでもない中で、僕たちはソチ五輪でほぼ半数の選手たちが4回転に挑んで、戦ってきました。
 実際にすべての選手が4回転に挑んだというのを聞いて、正直、僕はびっくりしています。ただ4回転を跳べばいいか、というとそれだけはなくて、きれいに下りなければいけない。きれいに下りることで点数がもらえる。トリプルアクセルの基礎点と4回転の基礎点は2点以上は違いません。これはトリプルアクセルをきれいに跳んでGOEを2〜3点取った場合、4回転以上の点数がもらえます。はっきり言ってしまうと、バンクーバー五輪のように、すべてのジャンプでGOE3点以上をもらえば、4回転を跳ばなくても勝てる、そういったルールだと僕は思います。
 それでも僕は今回のショートを含め、4回転に5回挑んできたのは、4回転を跳んで、さらに難しい入り方、下り方をして、それに加えてトリプルアクセルという4回転に一番近い3回転ジャンプを、4回転のような点数がもらえるようなクオリティーで跳ぶというのが僕の一番の武器だと思うし、またこれから先もきっといろいろな選手が出てきます。今回感じたのは、ボーヤン選手はジュニアから上がってきて間もないですけど、それでもショートとフリーで4回転を後半に入れて、素晴らしい演技をしました。これはスケート界の将来を見ているような気もしますし、ただこれだけが正解じゃないし、僕自身もできることをすべて出し切って、もっともっと難しい4回転、質の高い4回転を目指して頑張りたいと思います。



羽生さらに高みへ、322点のプレッシャーに「打ち勝つ」(Sportsnavi/11.28)
羽生、圧巻演技でV 世界初300点超え(産経フォト/11.28)
羽生、「絶対王者」の自信 ノーミス貫き未到の高みへ(asahi.com/11.28)
オーサー・コーチ 羽生快挙の“恩人”明かす「感謝しないと」 (SponichiAnnex/11.28)
表彰式を終え、場内を一周する羽生結弦(asahi.com/11.28)
羽生結弦、322.40点の世界最高得点で優勝「絶対王者だと言い聞かせながらやっていた」(huffingtonpost/11.28)






International Figure Skating FB ~

Brian: "OK, gonna' be crazy. Get ready."Yuzuru: "I'm ready."Brian: "I'm not ready..."

Posted by International Figure Skating on 2015年11月28日








さらに上積み可能な羽生 連続ステップに抑揚つければ…岡崎真氏解説 (SponichiAnnex/11.29)
羽生なりきった陰陽師 世界に「和」認めさせた(日刊スポーツ/11.29)
演技の途中、気合に満ちた表情を見せた羽生(スポーツ報知フォトニュース/11.29)

羽生「別」世界新記録322・40点!ぶっちぎり優勝(日刊スポーツ/11.29)

この1カ月、普段の氷上での練習から自宅に帰ってからも、自室で「エア演技」を繰り返した。後半にミスがかさむ4回転に思い悩んでいると、同門の世界王者フェルナンデスに「Just do it(ただやるだけだ)」と背中を押された。「去年出来なかったことが出来るだけでは成長とはいえない」。自分で自分を奮い立たせた。


300点超えを生んだ羽生結弦の“気づき”無駄ではなかった2つの苦い記憶(Sportsnavi/11.29)

「やりたいと思っていること、プレッシャーとして降りかかるようなことを考えている自分を認めてあげたんです。今回は試合に入る前からFSで200点を超えたいとか、合計で300点を取りたいという気持ちが少なからずありました。それにちゃんと気づくことができ、なおかつ自分がプレッシャーを感じていることに気づくことができました。こうしたことに気づけたのも、今までのたくさんの経験があったからこそ。これまでやってきたことが無駄じゃなかったんだなと思います」
「将来的に4回転がどれだけ必要なのかは分かりませんけど、金選手はジュニアから上がってきて、今大会のSPとFSで4回転を後半に入れるという素晴らしい演技をしました。これはスケート界の将来を見ているような気もします。それが正解というわけじゃないですけど、僕自身もできることをすべて出し切って、もっともっと難しい4回転、質の高い4回転を跳べるように頑張りたいと思います」


これぞ絶対王者。300点超えを達成した羽生結弦の新たな決意(Sportiva/11.29)

「一番よかったのは、コントロールできた精神状態でフリーの演技ができたことだと思います。ソチ五輪のフリーの後も同じようなことを言ったと思いますけど、あのとき、演技が終わった瞬間、『これで金メダルがなくなった』と思った時に、自分が金メダルを意識して緊張していたんだと気がついたんです。その経験が今回のNHK杯ではすごく活きて、会場に来る前から『自分はフリーで200点超えをしたいと思っているな』とか、『300点超えをしたいと思っている』『ノーミスをしたいと思っている』という風に、自分で自分にプレッシャーをかけてしまうようなことを考えているということを、ちゃんと認識できていたんです。『緊張しているんだな、それならこうしよう』というのが、今日はある程度わかっていたので、気持ちをコントロールできたんです」

「これからは今回出した得点のプレッシャーが、自分自身にのしかかってくる。だからそれをコントロールできるくらいの精神力をつけなければいけない」



羽生「点数以上に自分の演技できた」(動画つき/NHK NEWS WEB/11.29)
羽生「4回転4つで十分とも思わない」 史上初300点超Vも満足せず(SANSPO.COM/11.29)

--自身が思う絶対王者とは
「プルシェンコ選手。オーラがあるし、いつも正確なジャンプを1つ1つ跳ぶ。彼になりたいとは思わないが、彼のような唯一無二の存在になれるよう努力したい。パトリック(チャン)選手、金博洋選手にしかできないことがある。(今大会で)僕自身の色を少しは見つけられた」
--自身が目指す理想の演技構成とは
「分からないからこのスポーツは楽しい。(フリーで)4回転4つで十分とも思わない。今シーズンは4回転ループをやりたいと思っていて、できていない。日々の成長を楽しみながら、自分の限界に挑戦していく」




<最終日以降>

村元・リード組は7位 NHK杯、エキシビションで閉幕(asahi.com/11.29)
「少しずつ、着実に」進化する宮原知子 弛まぬ努力の末にたどり着いた目標の舞台(Sportsnavi/11.30)
浅田真央が氷上で見せた大人の振る舞い(Dailysports/11.30)
真央出直し誓う「やってやるしかない」(Dailysports/11.30)
エキシビジョン大歓声 羽生「まだまだスケート人生終わらない」(SponichiAnnex/11.30)

◆羽生結弦「自分の限界に挑戦したい」 NHK杯出場の日本勢、心境を語る(Sportsnavi/11.29)

(昨日の映像は見た?)見ました。ステップに関しては、気持ちというよりも一つ一つの手の動きであったり、体の使い方であったり、もっと洗練させていけるのではないかと思っています。また、ジャンプに関しても後半の4回転は特に「跳ぶぞ」という感覚で入っているので、そこも同じようなステップを踏んでいるようでも、見ている方がハッとならないような感覚にできたらいいなと思いました。

(自分が思い描く絶対王者は具体的にどんなものなのか、いつからその言葉は頭の中にあった?)特に絶対王者にこだわりはないし、僕のイメージではプルシェンコさんのイメージが強くて、プルシェンコさんがなぜ絶対王者かというと僕にも分からないです。オーラであったり、その強さであったり、いつも正確にジャンプを跳んでいたり、そういう彼独特のものに僕はあこがれていたので、彼になろうと思っているわけではないけど、彼のような唯一無二の存在になれればいいなと思っています。

(最強のプログラムとは?)分からないです。分からないからこのスポーツは楽しいんだと思います。だって、金博洋選手は4回転4つで十分だと言っていました。でも僕はそうではないと思いますし。それはどうなるか分からないです。今季だって4回転ループをやりたいと言っていたのに、それがまだできていないわけで。本当に日々の成長を楽しみながら、自分の限界に挑戦していきたいと思います。



isao.makeupさんのInstagram ~

メダリスト

isaoさん(@isao.makeup)が投稿した写真 -




織田信成さんのTwitter ~


田中刑事さんのTwitter ~


◆Cathy ReedさんのInstagram ~ 選手たち / 日本チーム

2015 NHK Trophy 日本スケートせんしゅう!⛸✨🎌❤️✌️

Cathy Reedさん(@cmr2070)が投稿した写真 -



2015 NHK Trophy Team🎌Japan! #NHKtrophy #日本チーム #🎌⛸❤️

Cathy Reedさん(@cmr2070)が投稿した写真 -





関連記事


back-to-top