04.22
Sat
2016-17s 2017. 04.22.Sat.11:30
初日と2日目のみですが、珍しく現地観戦してきました。

20170420-3S.jpg

ショートもフリーもあれこれ思ったし、全体の感想も途中まで書いたけど、もうそれは寝かせとく。
とりあえず羽生くんの話だけ記憶の記録。
ちなみに、テレビの録画はまだ観ておらず、どこまで放送されたかまったくわからずに書いてますので、もうみんな知ってるよという内容ばかりかもしれませんが、優しくスルーしてください。

タイトルはともかく、内容読むと、心配して損したわ!って気分にさせてくれるこの記事。
いやこっちが勝手に心配してるんですけども。

羽生挽回の1位「昨日は寝付けなかった」

ショート後に悔しくて眠れなくて出した結論が4回転5本(4Lo、4S、3F、4S-3T、4T、3A-2T、4T-1Lo-3S、3Lz)で、結局、最初の4Sが1Sに抜けちゃったから、最後を3Aに変えようとしたという解釈で合ってますでしょうか?
(※「すべてのトリプルおよびクワドラプル・ジャンプのうち、2種類のみを2回行うことができる(ハンドブックp14より)」というルール上、最初の4Sが入っていたら、最後は3Aにできない)

いろいろぶっとびすぎてて、なんだかもう・・・(笑)

・・・とか今は笑ってますけど、フリーの前は、自分のために!とにかく楽しんで!お願い!とひたすらひたすら祈りつつ現地入り。いくらお祭り試合と周りが言おうが、毎回全力の人だし、なにより五輪プレシーズン最後の試合をどう締めるかって重要ですもんね。

ショートの日はジャッジほぼ対面の席だったので、直前練習に出てきたときから姿がよく見えましたが、硬い表情と動きでちょっと予感はあったかな。6練では3A、コンボ、最後に跳んだ4Loも決して悪くはなかったので、良いイメージのまま勢いでいってくれればとは思ったのですが・・・。



一方、フリーの日は、緊張感は漂うものの違う表情の彼がいました。

演技が始まってすぐ、「そういえば私、きれいな4Loをまだ生観戦で見たことない!だから魅せて!」と超独善的な祈りを捧げた結果、「おし!やった!」と喜んだところでサルコウ抜けて、うわってなったけど、絶対リカバリー来ると信じて(実際はリカバリーじゃなくて、最初から4Tコンボをやるつもりだったようですが)、その後はジャンプのたびに、「いけ」「いけっ!」「いけーーー!」って心の中で叫んでたら、3Aコンボあたりで小さなつぶやきが聞こえ始めて、ヤバイ心の声もれはじめちゃった?と一瞬思ったけど、周りの人達の声だった。

あとは最後に3A来るぞと待ち構えてて、無意識にお祈りポーズになってたけど、イナからイーグル始めたときにさすがに「はぁ~?!?!ヽ(゚Д゚)/」ってなりまして。普通に入ったら跳べたんかな?って彼の普通がもうよくわからんし、たられば言っても仕方ないけど、成功が見たかった気もする(←鬼)。でも、こういう人だからファンやめられないんですよね。帰って少し落ち着いてからあらためて動画で演技を見ましたが、あれだけ鬼構成にしていても、最後の包容力を感じるコンビネーションスピンと穏やかなフィニッシュで、森の静寂とざわめきの中を風と清流が流れていくようなプログラムの世界観はそのままだった不思議。あ、そうそう、ビールマン抜いてたのもそこで気づいた。そのくらい全体として違和感なかったです。





几帳面すぎる羽生さんは、2日目の全行程が終わってからも最後まで応援席に残って、やおら応援グッズのお片づけ開始。いつも通り国旗を丁寧にたたんでおりました。そこに大変頼りになるキャプテン哉中ちゃんが合流してくれて楽しそうに写真撮ったり。富士山かぶってる画像はそのときの。



お片付けは時間にして5分ちょっと?10分弱?だったかもしれないけど、出口が狭い会場はまだ行列になっていたので、そこそこ観客も残っていました。で、最後に捌けるとき、会場全体に聞こえるような声で「ありがとうございましたーーー!」&ぴょんぴょんお手振り。

私、羽生くんの声を、映像やマイクを通してではなく、実際に聞いたのは初めてでした。彼が出演したショーはソチ五輪直後のSOIしか行けてなかったから、そういう場面には一度も立ちあえてなくて。応援席のほぼ反対側と言っていい遠いところにいたけど、ちゃんと聞こえたよ。

こちらこそ本当に本当にありがとう・・・

しっかり耳にも眼にも、記憶に焼き付けておきます。

平昌後にどういう決断をするかわからないけれど、
観戦機会の少ない自分には、現役の羽生くんを観られる最後の日だったかもしれないから。
(いつもこれが最後かもと思って行ってるんだけど ^ ^;)

これからも遠くから応援しています。


関連記事



comment comment 2
コメント
蒼森さん、こんばんは。
ご無沙汰しておりました。
現地観戦、応援、お疲れ様でした。シーズン最後まで、ジェットコースターでしたが、怪我なく笑顔でシーズン終えられて、なによりでしたね。

世選で観る側としてもほぼ完全燃焼して、まだちょっと夢心地のまま始まった
国別対抗、ショートのジャンプ抜けで、せっかく世界王者奪還したのに悪いイメージでシーズン終わっちゃまずい!、とあせりましたが、フリーに向けてどんなモチベーションで応援したものかと考えてしまいました。
スケジュール的に忙しくて練習もままならなかっただろうし、身体も精神的にも
上げきって落ちているのは明らかだろうし・・・、でもやっぱりとにかく全力でやって!と思ってライストで応援してました。 
4回転5回跳ぶ!と決めたことでモチベーションが上がり、心が整ったせいか
始まる前は迷いのないきれいなお顔でしたね。
蒼森さんが書かれていたように、あれだけの鬼構成にしても世選で仕上がった世界観は壊れなかった、と私も思って観ました。
でも、現地で観た方の、後半はジャンプ、ジャンプで、表現はスカスカだった、という意見もけっこうあって、うーん、と思ってしまいました。まあ、たしかベティースクワットは抜いていたようですが。
でも、はっきり言って世選なみのすべりを求めるのは酷だと思うし、求めてもいなかったし、チームの為にも、自分の為にも最善の事をやったと思います。
最後のアクセルの前のイーグルには、私もはー?となりました(^_^;) フツーにとべば跳べるだろー、と。

でも、前半グループにはいったおかげで、男子の後半グループを目の前でじっくり観れたのはとても良かったのではないでしょうか。女子も含めて、いろいろ考えるところもあったと思うし、なかなか得難い経験だったかもしれませんね。

ま、新しいジャンプも試せたし、課題も見つかっただろうし、終わってみれば
なかなか良い大会だったかも。でも、なぜ生放送してくれないの!と、とてもストレスの溜まる大会でもありました。そして、羽生くんって、ちょっとへんじゃない?というのが前回の国別の時より、ばればれになった大会だったような。

最初に書きましたが、よい状態でオリンピックシーズンを迎えられることが、一番うれしいです。プログラムもトレーニング方法や、身体のメンテナンスも、気持ちの持っていきかたも、いっぱい考えて、最善を尽くして、そしていざオリンピックの舞台では、本当の意味で楽しんで滑ってくれたらいうことはありません。

蒼森さん、今シーズンの総括は書かれますか?
もし書かれるならば楽しみにしています^^
あまりコメント書けなくてごめんなさい。何度か掲示板のほうに書こうとしたのですが、うまく文字入力ができなくて・・・
では、とりあえず今シーズンお疲れ様でした。ソチ以降の3シーズンは何れも波瀾万丈でしたね。来シーズンは最高の一年になりますように!



くり | 2017.04.24 23:17 | 編集
くりさん。こんばんは。コメントありがとうございます。

怪我の心配から始まった今季、最後は健康で終わってよかったです。本当にジェットコースターでしたね。

個人的事情を言えば、日帰り圏内しか観戦に行けない私としては、代々木で開催される国別はありがたい試合なのですが、それでも毎回どういうテンションでいたらいいのか悩みます。ましてや羽生くんは今回あのワールドでの神演技の後、帰国してイベントもあって・・・心も身体も維持するだけで大変だったでしょう。

表現についての厳しい意見・・・(^ ^;)。振りをいくつか省いていたのは私も気づいてましたが、そのあたりは本人がいちばんわかっているでしょうし、あえて言うまでもないんじゃないかと私なんかは思ってしまうんですけどねー。演技後インタでプログラムに対して「うまくまとまりきらなかった」と自分で言ってましたし。それでも、このシーズン終わりという微妙な時期の団体戦という枠組みの中ですべきこと、ショートは残念な結果でしたが、自分のできることをフリーでは精一杯できたと思うので、それでよかったんじゃないかと思います。だって人間ですもの。

>でも、前半グループにはいったおかげで、男子の後半グループを
>目の前でじっくり観れたのはとても良かったのではないでしょうか。
さすがお見通しですねー。ショートは最終滑走だったんでぜんぜん落ち着かなくて(苦笑)。フリー最終Gは純粋に楽しめました。あ、でもやっぱり昌磨くんはちょっと近所のおばちゃんモード入っちゃったなー。

>そして、羽生くんって、ちょっとへんじゃない?というのが
>前回の国別の時より、ばればれになった大会だったような。
あはは。そうですねー。普通ではないですよね(褒めてます)。コアなファンはわかってるだろうけど、そうでない人は意外に思うところも多々表面化したのかな?ってか普通だったら今の立ち位置にいないですね。ほんと面白いというか興味の尽きない子だなぁと思います。

>プログラムもトレーニング方法や、身体のメンテナンスも、
>気持ちの持っていきかたも、いっぱい考えて、最善を尽くして、
>そしていざオリンピックの舞台では、本当の意味で楽しんで
>滑ってくれたらいうことはありません。
本当にその通りですね。もちろん五輪出場は本人の努力によるものですから、第三者が勝手なことを言うようで恐縮ですが、誰でも経験できることではないので、その準備も含めて貴重な時間と自身の成長を楽しんでくれたらと心から思います。

今シーズン総括は・・・どうしましょうか。急に気が向いたら書くかもしれません(^ ^;)。そうそう、掲示板、ときどき挙動がおかしいときありますよね。気づいてはいたんですが直しようがなくて、放置ですみません。ほとんど私個人のメモ状態になっているので、そちらは近々お役御免かなとは思っています。
蒼森 | 2017.04.25 23:02 | 編集
※メアド入力は非公開コメのみとしてください
※ブログお持ちの方

※本文にURLを入れると書き込み制限を受けることがあります。その場合は先頭の「h」を省いてください。
※数字を入れておくと後で編集できます
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top