08.13
Sun
2017-18s 2017. 08.13.Sun.10:24
久しぶりに主観記事です。

これ、平昌五輪後に書くべきだったかもしれないけど。

今季のプログラム。
ショート「バラード第1番」に続いて、フリーが「SEIMEI」だとわかって、
細切れに流れてくる彼の言葉をつなぎ合わせて思ったこと。思い出したこと。


4年前。
ある青年が、重い荷物を背負って、道を模索しながら必死に生きていることを知った。
背負う必要のない、いろんなしがらみとか、環境要因とか、周囲の喧噪とか。
荷物にはそんなものまで入っていた。
余計なものはとっぱらって、思う存分、羽を広げて生きて欲しいと思った。

遠くから見ているだけの自分にもできること、何かないのかな。
そうか。まずは、彼が立っている道をまっすぐ追ってみよう。
彼が見ている景色を、少しでも理解できるように勉強してみよう。
それを他の人とも共有してみよう。

そこから4年。
到底理解しきれるわけがないことはわかっていたけれど、
知識が少し増えるたびに欲が出て、あちこち寄り道もするようになりました。
その結果、迷ったことも失ったものもある。
そして、今季のプログラム発表を聞いたとき、いまさらながら、ふと思い出したのです。

私は、彼に、自分の思うままに生きて欲しかった。それだけでよかったのだと。

思うままの結果になる、とは違います。
それじゃそれこそ陰陽師とか人間を超越した何か、になってしまう(笑)。

最近の羽生さん、自分のやりたいことをできているようで、なによりです。

もちろん、有名になりすぎて、好きに外出できないとか、
日常生活的には思うままにできてないよ!って部分もたくさんあるでしょうけど、
そういうことじゃなくて、
「本道」を自分らしく進んでいられるかどうかということ。
雑踏に惑わされず。

羽生結弦が語った五輪への戦略。「自分でいられるプログラム」を選ぶ
「ソチの時はいっぱいいっぱいだったけど、今は自分の道みたいなものが、すごくはっきりしてきた」

今、本当はやりたくてしょうがないけど、我慢していることがあるとすれば、

4Aや4Lzを試合プロに入れる

とか、そのくらいでしょうか。それは平昌の後で?

そのステージも、
そうじゃなくてまったく別の場所だったとしても、
さらにその先にもずっと続く長い人生の道のりを楽しみにしています。

あれもこれも、ちっぽけないちファンの勝手な思いでしかないのだけれど。







【後日追加情報】
羽生結弦選手のトロント公開練習2017 リポ! 「SP で使う曲は本当は・・・」


関連記事



comment comment 0
コメント
※メアド入力は非公開コメのみとしてください
※ブログお持ちの方

※本文にURLを入れると書き込み制限を受けることがあります。その場合は先頭の「h」を省いてください。
※数字を入れておくと後で編集できます
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top