04.22
Sat
2016-17s 2017. 04.22.Sat.11:30
初日と2日目のみですが、珍しく現地観戦してきました。

20170420-3S.jpg

ショートもフリーもあれこれ思ったし、全体の感想も途中まで書いたけど、もうそれは寝かせとく。
とりあえず羽生くんの話だけ記憶の記録。
ちなみに、テレビの録画はまだ観ておらず、どこまで放送されたかまったくわからずに書いてますので、もうみんな知ってるよという内容ばかりかもしれませんが、優しくスルーしてください。

タイトルはともかく、内容読むと、心配して損したわ!って気分にさせてくれるこの記事。
いやこっちが勝手に心配してるんですけども。

羽生挽回の1位「昨日は寝付けなかった」

ショート後に悔しくて眠れなくて出した結論が4回転5本(4Lo、4S、3F、4S-3T、4T、3A-2T、4T-1Lo-3S、3Lz)で、結局、最初の4Sが1Sに抜けちゃったから、最後を3Aに変えようとしたという解釈で合ってますでしょうか?
(※「すべてのトリプルおよびクワドラプル・ジャンプのうち、2種類のみを2回行うことができる(ハンドブックp14より)」というルール上、最初の4Sが入っていたら、最後は3Aにできない)

いろいろぶっとびすぎてて、なんだかもう・・・(笑)

・・・とか今は笑ってますけど、フリーの前は、自分のために!とにかく楽しんで!お願い!とひたすらひたすら祈りつつ現地入り。いくらお祭り試合と周りが言おうが、毎回全力の人だし、なにより五輪プレシーズン最後の試合をどう締めるかって重要ですもんね。

ショートの日はジャッジほぼ対面の席だったので、直前練習に出てきたときから姿がよく見えましたが、硬い表情と動きでちょっと予感はあったかな。6練では3A、コンボ、最後に跳んだ4Loも決して悪くはなかったので、良いイメージのまま勢いでいってくれればとは思ったのですが・・・。一方、フリーの日は、緊張感は漂うものの違う表情の彼がいました。

演技が始まってすぐ、「そういえば私、きれいな4Loをまだ生観戦で見たことない!だから魅せて!」と超独善的な祈りを捧げた結果、「おし!やった!」と喜んだところでサルコウ抜けて、うわってなったけど、絶対リカバリー来ると信じて(実際はリカバリーじゃなくて、最初から4Tコンボをやるつもりだったようですが)、その後はジャンプのたびに、「いけ」「いけっ!」「いけーーー!」って心の中で叫んでたら、3Aコンボあたりで小さなつぶやきが聞こえ始めて、ヤバイ心の声もれはじめちゃった?と一瞬思ったけど、周りの人達の声だった。

あとは最後に3A来るぞと待ち構えてて、無意識にお祈りポーズになってたけど、イナからイーグル始めたときにさすがに「はぁ~?!?!ヽ(゚Д゚)/」ってなりまして。普通に入ったら跳べたんかな?って彼の普通がもうよくわからんし、たられば言っても仕方ないけど、成功が見たかった気もする(←鬼)。でも、こういう人だからファンやめられないんですよね。帰って少し落ち着いてからあらためて動画で演技を見ましたが、あれだけ鬼構成にしていても、最後の包容力を感じるコンビネーションスピンと穏やかなフィニッシュまで、森の静寂とざわめき中を風と清流が流れていくようなプログラムの世界観はそのままだった不思議。あ、そうそう、ビールマン抜いてたのもそこで気づいた。そのくらい全体として違和感なかったです。

几帳面すぎる羽生さんは、2日目の全行程が終わってからも最後まで応援席に残って、やおら応援グッズのお片づけ開始。いつも通り国旗を丁寧にたたんでおりました。そこに大変頼りになるキャプテン哉中ちゃんが合流してくれて楽しそうに写真撮ったり。富士山かぶってる画像はそのときの。



お片付けは時間にして5分ちょっと?10分弱?だったかもしれないけど、出口が狭い会場はまだ行列になっていたので、そこそこ観客も残っていました。で、最後に捌けるとき、会場全体に聞こえるような声で「ありがとうございましたーーー!」&ぴょんぴょんお手振り。

私、羽生くんの声を、映像やマイクを通してではなく、実際に聞いたのは初めてでした。彼が出演したショーはソチ五輪直後のSOIしか行けてなかったから、そういう場面には一度も立ちあえてなくて。応援席のほぼ反対側と言っていい遠いところにいたけど、ちゃんと聞こえたよ。

こちらこそ本当に本当にありがとう・・・

しっかり耳にも眼にも、記憶に焼き付けておきます。

平昌後にどういう決断をするかわからないけれど、
観戦機会の少ない自分には、現役の羽生くんを観られる最後の日だったかもしれないから。
(いつもこれが最後かもと思って行ってるんだけど ^ ^;)

これからも遠くから応援しています。





comment comment 2
04.03
Mon
競技会2016-17 2017. 04.03.Mon.00:02
世界選手権 2017
World Figure Skating Championships
2017.03.29-04.02 ヘルシンキ - Helsinki, Finland

【結果】 Entries / Results
◆男子: Result / SP-Judges Scores / FS-Judges Scores
◆女子: Result / SP-Judges Scores / FS-Judges Scores
◆ペア: Result / SP-Judges Scores / FS-Judges Scores
◆ダンス: Result / SD-Judges Scores / FD-Judges Scores

【関連リンク】
WEB / ISU / JSF
SNS:Twitter / Facebook / Instagram / Youtube

Schedule現地時間:日本-6h ※3/26からサマータイム開始

【放送予定】
◆LIVE:CBC
◆国内:フジ地上波
03.29(水)20:00-22:33 女子SP(LIVE)
03.30(木)21:00-23:47 男子SP(LIVE)
04.01(土)01:59-04:20 女子FS(LIVE) ※金曜深夜
04.01(土)04:20-04:45 ペアFS ※金曜深夜
04.01(土)17:30-21:15 男子FS(LIVE)
04.03(月)00:10-01:25 エキシビション ※日曜深夜
04.03(月)01:25-02:25 ダンスFD ※日曜深夜

◆アーカイブ配信(ノーカット) ~ フジテレビアラカルト
・女子 SP 1G-4G , 5G-最終G / フリー
・男子 SP 1G-3G , 4G-最終G / フリー
エキシビション


【関連NEWS】
◆ツイートまとめ vol.1 , vol.2 , vol.3 , vol.4
◆最新NEWS:Sportsnavi / dmenu
◆速報・結果:Sportsnavi / dmenu

◆Sportsnaviフォトギャラリー:第1日(女子・ペアSP) / 第2日(男子SP・ペアFS) / 第3日(女子FS、ダンスSD) / 第4日(男子FS、ダンスFD)
gettyimages「yuzuru hanyu」で検索 / Day1 / Day2 / Day3 / Day4 / Day5
◆jiji.com 写真特集 ~ 羽生結弦2015-
◆BEHIND ~ 写真特集




<ショート後>

Yuzuru Hanyu (JPN) Men Short Program Interview(Skating ISU/03.30)


◆Pj KwongさんのFacebook ~




<フリー後>






CBC Sports ~

"After the short program, I was quite depressed. I was so deeply depressed," said Hanyu, who wiped away tears after his score was announced. "But the fans and the team believed in me."



Men Free Skating Press Conference(Skating ISU/04.01)


Men Free Skating Small Medals Ceremony - Helsinki 2017(Skating ISU/04.02)


羽生、SP5位から大逆転V!フリー世界歴代最高223.20点で3季ぶり世界王者に(SANSPO/04.01)

-羽生結弦の話
「疲れた。でも、演技内容を忘れるぐらい、一つ一つ集中して一生懸命やれた。殻をちょっと(破れた)。最高のご褒美。」

-ブライアン・オーサー・コーチの話
「(羽生は)美しく、完璧だった。この数週間はこれまでで最も厳しい練習を課してきた。優勝という結果に値するだけの努力を積んできた」



[プレカン一問一答] 羽生3季ぶり王座奪還「科学的に人間は5回転まで跳べるらしい」 (Dailysports/04.01)

-大会を終えて。
「すごくSPが終わった後、自分自身落ち込んでしまって…。なかなか立ち直ることができないぐらい落ち込んだんですけど、チームやファンの方たちが信じてくれたことが今日の演技に繋がったのかなと思います」

-現在のプログラムをミスなく滑ることの難しさは。
「昨季、自分がNHK杯とGPファイナルでノーミスの演技をして思ったのが、クリーンなプログラムを滑ることは非常に難しいということ。技術的な難しさではなく、精神的なものもあるし、何度も試合に合わせる体力、調整が難しい。4回転ループはまだ安心して跳べるジャンプじゃない。さらにもう1段階難しさを感じている」

-来年の五輪に繋がったものは。
「この構成、4回転を4本、トリプルアクセルを2本、コンビネーションをすべて後半にもってくる構成をまず試合でやりきる自信がついたのが大きい。ただ、SPとフリーを揃えるのが1番大事。そういう意味では五輪に繋がるのは、まず4回転4回の構成をやり遂げられた自信を持てたことと、SP、フリーを揃えるための課題が見つかったことかなと思います」



逆転優勝の羽生「フリーは楽しいと思った」(日刊スポーツ/04.01)

-今季初のノーミス。試合を終えた時、どう思ったか
「世界選手権のフリーって楽しいと思った。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-2回転トーループが終わった時に感覚が良ければ5個目の4回転をやろうと思ったが、しんどかった。」

-最後まで流れのある演技を通せた。ジャンプへの意識は
「4回転サルコーに関しても4回転トーループに関してもすごく集中していた。やっていて自分が風だったり、川の中にどぶんと入っていたりするような感覚、(フリーのテーマでもある)自然の中に入り込んでいる感覚があった。いい集中状態だったと思う。」



「0.1点でも超えてくれ」=羽生との一問一答(jiji.com/04.01)

-フリーで自身の歴代世界最高点を更新した。
「自分が一番とらわれていたのは過去の自分だった。あの110、220、330という(SP、フリー、合計の歴代最高の)数字にすごくとらわれて、すごく怖くてここまでやってきていた。何とか1点でも0.5点でも0.1点でも超えてくれと思っていた。」

-4回転が決まった。
「4回転はサルコーもトーループもすごく集中していた。フリーはジャンプを一本一本決めるごとに、徐々に自分が溶け込んでいくような感じがあった。」




◆Misha GeさんのInstagram ~
 ※スモメダで撮ってたのはセルフィーじゃないよ!と(笑)




【海外記事】

[原文]
Brian Orser’s week at Worlds with skaters Yuzuru Hanyu and Javier Fernandez(NBC olympics.com/04.06)

[関連日本語記事] ※一部要約
羽生結弦の逆転V、オーサーコーチが舞台裏明かす 決戦前にかけた言葉とは
恩師が明かす羽生結弦の語学力 意思疎通に進化「彼は英語を習得している」

I knew he was disappointed after the short so we needed to just let him be disappointed for that night. Then we did our practice the next day and he was on a mission to prove something. I totally had to hold him back and say, “Just do one practice. Don’t do a run through. We’re just gonna treat this like a day of rest.” He was kind of like, “really?” And I said, “Yeah, just trust me on this. I want you fresh for tomorrow; you’re gonna be fine.” Honestly, he’s never been in this kind of condition before. So, just, “trust your training. You need to come to the rink a little more approachable, a little bit less focused.”

「ショートの後、彼が落胆していたのは分かっていた。だから、あの夜は彼にあえて失望させておく必要があったんだ。そして、翌日に我々の練習がやってくると、彼は実力を証明しようと使命感にみなぎっていた。私のすべきことは彼を抑えることだった。そして、こう言ったんだ。『練習は1回だけ。全力でやっては駄目だ』とね。彼は『本当?』という感じだった。『そうだ。これに関してはただ私を信頼しなさい。君には明日に向けてフレッシュな状態でいてほしいんだ。そうすれば大丈夫』と言ったんだ。正直、今まで彼がこのような状況になることはなかった。だから、『自分の積み上げてきた練習を信じなさい。君はリンクに少し気楽な状況で臨む必要がある。集中しすぎない程度にね』、と。」






comment comment 3
04.02
Sun
2016-17s 2017. 04.02.Sun.13:00
本当は他のカテゴリや演技そのものについてもじっくり語りたいところですが、ちょっとその時間がとれないので、男子シングルのみ総括的に簡単な感想を。

羽生さんについては、もう何も言うことはありません。
最後のスピンが終わるまえから涙が止まりませんでした。(文字どおり号泣していた ^ ^;)
本当にすばらしい演技を魅せてくれて、ありがとうありがとう。

「Hope & Legacy」

まさに彼の演技と彼の存在そのものです。

ノーミスしかない、という状況でそれができるのが「羽生結弦」という人。

トップアスリートのメンタルコントロールというのは本当に壮絶なものだとあらためて感じています。
それは想像も及ばないほどのプレッシャーとの戦いだったことが試合後に流れてきた情報からも読み取れます。やはりショートの後、すごく落ち込んだんですね。

世界選手権V奪還  羽生結弦が声を震わせた瞬間
「数字にとらわれて、怖くて」 Vの羽生結弦、一問一答

過去の自分や数字にとらわれるなと言葉でいうのは簡単ですが、それは人間である以上、むしろ無理な話だろうと思います。そういう自分の感情を否定せず、とらわれている自分をどうコントロールするか。

そうして自分に集中しつつも、試合後のプレカンやインタビューの言葉は、周囲のサポートへの感謝、他の選手への敬意に溢れていますね。こういった発言が自然に出てくるのが彼の本質だろうと思います。「みんなちがってみんないい。」上っ面ではなく、他者との違いを認め、ごくごく自然に受け止めることのできる視野の広さが根本にあり、それが自分を高めることにもつながるという好循環を生んでいる。

【一問一答】羽生3季ぶり王座奪還「科学的に人間は5回転まで跳べるらしい」


昌磨くんが素直に「ゆづくんを超えたい」と本人を目の前にして言える、その関係性や空気感も本当に良い時代だなと思います。彼は自分の演技直前に羽生くんの演技を観ていたんですね。「勝てないという自信」を持って自分に集中できたというメンタルの持ちようもまた独特で興味深いものがあります。今後「勝てるかも」という気持ちが芽生えたときにどう自分を保てるかが課題かな。
枠取りのプレッシャーについてはお互いの存在が心強かったでしょうね。

宇野、開き直り2位


ハビは、試合への影響はあまりなかったのかもしれませんが、一時、靴の到着が遅れたようで、不安な時間もあったでしょうし、3連覇への期待の重圧は少なからずあったでしょう。ネイサンは少し前に換えた靴が合わずに、結局、壊れかけの靴で比較的跳びやすい種類のジャンプに変えてフリーで6クワドに挑戦とか、もう開いた口が塞がらない。不可抗力とも言える事態にも対応できる準備と精神力、そして体力が必要になってきますね。

五輪までの1年弱の間にまた勢力図は多少変化するかもしれませんが、今大会の最終グループのメンバーが今後当面、男子シングルを牽引していくことになるのは確かでしょう。

ご本人たちも言っていたけれど、とにかく怪我だけはないように・・・。


選手のみなさま、お疲れさまでした。
すばらしい試合を本当にありがとうございました。





--- おまけ ---

20170402-1S.jpg
※スモメダセレモニー中継から羽生くんのサイン(公式ペリスコからのスクショです)





comment comment 2
back-to-top